運営理念はコチラ

Engineer Route(エンジニアルート)のメリット&デメリット、口コミ評判と使い方!

Engineer Route(エンジニアルート)のメリット&デメリット、口コミ評判と使い方!

Engineer Route(エンジニアルート)のメリット・デメリット

メリット① ワンストップできめ細やかな対応

社員数の多いレバテックフリーランスやMidworksと違って、『Engineer-Route(エンジニアルート)』は社員数が少ない小規模エージェントです。

しかしその代わり、『Engineer-Route(エンジニアルート)』ではキャリアカウンセラー自身が企業の担当者とやりとりをしています。
キャリアカウンセラーのプロジェクトに対する理解がとても深いため、あなたにマッチした案件を紹介してもらえる可能性が高いです。

こば

一般的なエージェントは、企業から案件を獲得する営業担当と、応募者と面談するキャリアカウンセラーは別の人間が対応している。
できる限り情報共有はしているけども、双方のニーズを100%理解して提案することは難しい。

メリット② 長期案件が豊富(≒収入面で安心できる)

『Engineer-Route(エンジニアルート)』は利用者の6割が7ヶ月以上の長期プロジェクトにアサインされているため、短期の在宅案件より、長期の常駐案件が多いです。

さらに、この6割のうち13%のエンジニアの方々は3年以上も1つのプロジェクトにアサインされています。
つまりフリーランスでありながら、正社員なみの安定した収入が得られている人がいるわけですね。

こば

フリーランスエンジニアが収入を維持するためには、なるべく長期案件を獲得したほうが効率がいい。
細かい案件ばかりになってしまうと支払いが不安定になってしまうし、顧客がいちいち変わって雑務や心労も増えるからね。

デメリット① 大手よりは案件数が少ない

『Engineer-Route(エンジニアルート)』は小規模エージェントのため、残念ながら大手よりは案件数が少なめです。

その代わり親身になった提案が可能ではあるものの、目当てのプロジェクトにアサインされる確率も下がるので、大手フリーランスエージェントにも複数登録したほうがいいでしょう。

とはいえ、案件数が少ないと言ってもあくまで大手と比較した場合の話。エンジニアルートでは常に200件ほどのプロジェクトが公開されており、新しい案件もコンスタントに追加されるため、定期的に案件情報をチェックしてみてください。

こば

エンジニアルートは利用者にもきめ細やかな対応をしてくれる。
もし公開案件の中に希望プロジェクトがなくても、新たに案件を開拓してくれる徹底ぶりだよ。

エンジニアルートの利用料・マージン手数料は?

利用料は完全無料(0円!)

『Engineer-Route(エンジニアルート)』はエージェントなので、利用者であるフリーランスエンジニアは完全無料で利用できます。

マージン比率は5-10%と低め!

『Engineer-Route(エンジニアルート)』の手数料(マージン)比率は5-10%と低めのため、フリーランスエンジニアにとっては割のいいエージェントと言えるでしょう。

エンジニアルートの使い方・流れ

STEP.1
公式サイトで会員登録する
中身1
STEP.2
無料カウンセリングを受ける
中身2
STEP.3
案件を紹介してもらう
STEP.4
企業担当者と面談
STEP.5
プロジェクトにアサイン

STEP1. 公式サイトで会員登録する

まずはエンジニアルートの公式サイトで、フリーランスとして登録を済ませましょう。登録から案件紹介まですべて無料です。

STEP2. 無料カウンセリングを受ける

会員登録したらアドバイザーから連絡がきます。無料カウンセリングの日程を調整しましょう。

時間を効率的に使うため、無料カウンセリングまでに、

  1. これまでの実務経験
  2. 得意な言語
  3. どんな案件に興味があるのか

などをまとめておくといいでしょう。

こば

どのフリーランスエージェントに登録しても、聞かれることは8割くらい同じだよ。

STEP3. 案件を紹介してもらう

実際にキャリアカウンセラーから紹介してもらった案件に興味をもてたら、企業担当者と面談するよう調整してもらいましょう。

この時、可能な限りやりとりをスムーズにしたほうが好印象です。

STEP4. 企業担当者と面談

企業担当者との面談は、ご自身のスキルや実務経験を誠実に伝えましょう
見栄を張って背伸びするとお互いにとっていいことはありません。

こば

せっかく契約したフリーランスさんが、期待していたほど成果を出してくれなかった時、外注を決めた人が上司から詰められるんだよねぇ…

STEP5. プロジェクトに参画する

企業側との調整が完了したらついにプロジェクトにアサインされます。
あとは最高のアウトプットを出して、企業担当者の期待値を超える働きをして実績・評判をつんでいきましょう。

エンジニアルートの口コミ評判は?

まだまだ利用者が限定的なせいか、現時点でエンジニアルートに関する信ぴょう性の高い評判・口コミは確認できていません。

小規模エージェントだから利用者が少ないため、どうしても口コミが少なくなるのは仕方ないですね。

しかし逆に考えれば、悪い評判もまったく見つからなかったことになります。安心して無料カウンセリングを受けていただけるフリーランスエージェントだと思いますよ。