運営理念はコチラ

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順

XSERVER(エックスサーバー)に構築したWordPressブログを常時SSL化する方法を解説します。HTTPSにしないとGoogle chromeからのアクセスがブロックされたり、検索エンジンに表示されないなどのデメリットがあります。
XSERVER(エックスサーバー)でブログを作ったら、必ずSSL対応しましょう。

SSL化といっても、エックスサーバーで対応する場合は専門知識がまったく不要。設定画面からクリックしていくだけで常時SSL化できます。

STEP1. サーバー管理ページにログイン

エックスサーバーの公式サイトからXserverアカウント(旧:インフォパネル)にログインします。

圧倒的な知名度と実績!

個人ブロガーなら断然おすすめ!お早めにお申し込みください。

[ログイン][インフォパネル]の順にクリックし、IDとパスワードを入力して[ログイン]をクリックしてください。

エックスサーバーでWordPressブログをはじめる全手順

次に、[サーバー管理]をクリックします。

STEP2. 「SSL設定」で常時SSL化する

サーバーパネルの右上にある[SSL設定]をクリックし、常時SSL化したいドメインを選択します。

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順

続いて、[独自SSL設定追加]から[確認画面へ進む]をクリックします。

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順

ここでは「www.○○.○○」というアドレスが表示されていますが、「wwwなし」でも問題なくアクセスできるので大丈夫です。

 

[追加する]をクリックしてしばらく待つと、完了を表すメッセージが表示されます。
これで、エックスサーバーでの常時SSL化(HTTPS対応)は完了です。

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順

設定後、SSL設定ページを開くとこんな感じになります。

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順

STEP3. ブログにアクセスして確認する

最後に、ご自身のブログにアクセスしてみて、きちんと常時SSL化できているか確認しましょう。

以下はGoogle chromeアクセスした画面ですが、アドレスの横に鍵マークが表示されていて、「この接続は保護されています」と表示されていれば、SSL通信が成功している証拠です。

XSERVER(エックスサーバー)でURLを常時SSL化(HTTPS)に対応させる全手順