運営理念はコチラ

【超基礎】SEO対策とは?ブログ初心者向けにやさしく解説

seo/meo

SEOは「Search Engine Optimization」 の頭文字をとったWeb用語。
GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンで上位表示(なるべく上に表示)させるための施策全般をいいます。

上位表示されることによって、ご自身のブログやサイトにアクセスされやすくなり、たくさんの人に読んでもらえます。
ブログに広告を設置している方は、広告収入が増加するなどのメリットも得られます。

この記事でわかること

  • SEOとは何かを説明できる
  • 上位表示のメリットを理解できる
  • 自分のブログでSEO対策を始められる

SEO(エスイーオー)とは?

まず、SEOは”エスイーオー”と読みます。
SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン最適化を意味します。

皆さんもGoogleやYahooを使って検索すると思いますが、クリックするのは検索結果の中でも最初に出てきたサイトばかりではないでしょうか?

それはほとんどののユーザーでも同じで、検索エンジンで実際にアクセスされているのは上位表示されているページばかり。
下位ページにはほとんどアクセスが集まりません。

そのため、Webサイトを運営する企業担当者や、個人ブロガー、アフィリエイターなどは、なんとかして自分のWebサイトが検索エンジンで上位表示されるように対策します。
このように、検索エンジンで自社サイトが上位にでてくるために行う作業すべてがSEO対策と言われるのです。

SEOの目的は上位表示ではない

次に、SEOの目的について考えてみましょう。
SEOは「検索エンジンで上位表示させる取組全般」と申し上げましたが、上位表示はSEOの目的であってはなりません。

何のために上位表示させるのか、
上位表示でアクセスを増やしてどうしたいのか、

など、上位表示の先にある目的を設定しなければ、あなたのSEO対策は失敗に終わるでしょう。

SEOの目的例は以下です。

SEOの目的(例)

  • Adsense収益を増やしたい
  • 自社ブランドの認知度を高めたい
  • サイト経由の物販売上を増やしたい
  • 正しい情報を世の中に伝えたい
  • 自分のブログを多くの人に読んでもらいたい

など。

これらはあくまで例ですが、上位表示によってあなたのサイトがみられた結果として達成される目的を設定するのです。

SEO対策を考える上で大切なこと

SEO対策を考える上で、常に念頭に置いておかなければならないことがあります。
それは、「ユーザーは満足しているか」です。

検索エンジンを提供するGoogleは、自社の検索エンジンにおける広告(Adwords)などによって広告主から収益を得ています。
Googleにとっては、自社の検索エンジンを利用する人が増えれば増えるほど、顧客である広告主からの広告収入が増加する仕組みです。

そのためGoogleは、自社の検索エンジンを使った人の満足度を高めたいと考えています。
満足度が低ければ「次からはYahooで検索しよう」「インスタで調べたほうがいいや」などとGoogleの検索エンジン離れを起こしてしまうからです。

そして、Googleの検索エンジンが提供する価値は、「検索結果として表示されるページ一覧」。
検索結果に表示されたページが質の低いサイトばかりでは、Googleの検索エンジンを使うユーザーが減ってしまうため、Googleはユーザーを満足させてくれるWebサイトを上位に表示させるように、常に検索エンジンを改良しています。

つまり、私たちが運営するWebサイトの品質が、検索エンジンの品質と=(イコール)になっているということです。
自社サイトを上位表示させるためには、Googleと同じようにユーザーを満足させるコンテンツを提供し続けることに集中すべきだということが分かりますね。

SEO対策のデメリット

メリットだけでなく、SEOにはデメリットもあります。
これからブログやサイト開設を検討している方は、デメリットも踏まえてSEO対策を検討してください。

SEO対策のデメリット

  • 不確実性①:必ず上位表示される保証がない
  • 不確実性②:SEO対策には正解がない
  • 漸次性:結果が出るまで時間がかかる
  • 突発性:Googleアップデートによる急激な変化

不確実性①:必ず上位表示される保証がない

SEO最大のデメリットは、その不確実性です。
一生懸命に記事を書いたり、いろんなサイトで紹介してもらったりと、どんなにがんばっても上位表示される保証はありません。

当社はこれまでいくつもの新規サイト立ち上げに関わってまいりましたが、たくさんお金をかけて1年後にようやく1ページ目に表示されるようになったサイトもあれば、開設3カ月でいきなり上位表示されるサイトもありました。

検索エンジンは相対評価なので、ライバルが弱ければ少ない努力で勝てますが、ライバルが強いとどんなに努力しても勝てなかったします。

このように、検索エンジンで何番目に表示されるかは、努力だけなく運の要素も関係するため、必ず成功するとは言い切れないというデメリットがあるのです。

不確実性②:SEO対策には正解がない

2つ目のデメリットは、「こうすれば必ず上位表示される」という正解がないこと。

上位表示されるために何をしたらいいのか、何をしてはいけないのか、という問いに対して明確な答えがあるわけではないので、Web担当者や個人ブロガーは「自分が今やっている施策は本当に正しいのか?」という不安を抱えながら努力を続けなければならないのです。

これからSEO対策をやっていこうと思っている方は、こういった現実を認識したうえで、じっくり腰を据えて取り組んでいく心構えが求められます。

漸次性:結果が出るまで時間がかかる

SEO3つ目のデメリットは、結果がでるまで時間がかかることです。

例えば、新しい記事を公開したとしても、その記事が検索エンジンに表示されるまで数週間~数カ月かかります。
(開設したてのサイトは特に遅いです)

検索エンジンに表示されたとしても、上位表示されるまでコツコツと順位を上げていくことになるので、さらに数カ月かかります。
そのまま上がらず横ばいで終わることも珍しくありません。

なので、新しいブログを作りたい方は、「最低1年間はまったく成果が出ないけど、それでもやりたいんだ」という強い想いが必要となるでしょう。

突発性:Googleアップデートによる急激な変化

検索エンジンを運営するGoogleは、1年間に3~4回ほど大きな変化を起こします。
SEO界隈ではGoogle大変動と言われており、それまで1位だったサイトが一瞬で圏外に飛ばされてしまうなど、Web運営者を戦々恐々とさせるものです。

圏外から1位になることもあれば、その逆もあります。
しかし、ここ最近のGoogleコアアップデートは、企業サイトや大手メディアばかりが上位表示されるようになっているため、個人ブロガーやアフィリエイターにとってはあまりうれしいものではないでしょう。

SEO対策の基礎知識まとめ

最後にSEOに関する基礎知識をまとめておきましょう。

SEO対策とは、

  1. 検索エンジンで上位表示させる取り組みのこと
  2. 上位表示するとアクセスが集まり、ビジネス目標が達成しやすくなる
  3. SEO対策に正解はなく、不確実性・不安定性、突発性を覚悟すべき
  4. 最初の1年は成果が上がらないことも珍しくない

となります。

SEO対策はいばらの道です。
これからSEOの分野に足を踏み入れようとしている方は、それなりの覚悟をもっていただくことをおすすめします。