運営理念はコチラ

【初心者向け】Site Kit by Googleの導入・使い方

Googleが提供する簡易SEOツール『Site Kit by Google』の導入方法・使い方をご説明します。
Site kitはGoogleアナリティクスやサーチコンソールと連携し、アクセス情報をWordPressの管理画面で確認できるツールです。

2019年10月31日(木)、WordPressで『Site Kit by Google』が正式に使えるようになりました。
これまでも『Site Kit by Google』を使えましただが、開発版として動作保証がされておらず初心者にはハードルが高いという現状がありました。

今回はGoogleが正式に「WordPressでSite Kitが使えるようになったよ!」とリリースしてくれたので、安心して使ってみてくださいね。

Site Kit by Googleのメリット・デメリット

Site Kit by Googleのメリット

  • アナリティクス、サーチコンソール、PageSpeed InsightsをWordPressの管理画面でみれる
  • Googleの無料ツールと連携が簡単
Site Kit by Googleのデメリット

  • プラグインが増える(動作が重くなるかも)
  • 日本語化されていない
  • 細かくみるなら結局それぞれサービスにアクセスしないといけない

Site KitをWordPressに導入する全手順

STEP.1
Site Kit by Googleをインストールする
公式サイトからプラグインファイルをダウンロードし、WordPressブログにインストールしましょう。
STEP.2
サーチコンソールと連携する
Search Console(サーチコンソール)との連携手順について解説します。
STEP.3
Googleアナリティクスと連携する
アナリティクスはアクセス状況を確認できる無料ツール。利用頻度が高いのでWordPressダッシュボードからいつでも見れるのは便利です。
STEP.4
PageSpeed Insightsと連携する
PageSpeed Insightsはページの表示速度を点数付けしてくれるGoogleの無料ツール。表示速度が遅いと読者が離脱してしまうので、常にアクセス状況と同じくらいチェックが必要です。

STEP1. Site Kit by Googleのインストール

まずはSite Kit by Googleをインストールしていきます。

Site Kitの公式サイトにアクセスし、プラグインをダウンロードします。
(ダウンロードしたZipファイルは開きません)

注意
Site KitプラグインはWordPressのプラグイン検索画面では出きません。
公式サイトからsite kit by googleをダウンロードする

公式サイトからsite kit by googleをダウンロードする

次に、ダウンロードしたZipファイルをWordPressブログにインストールします。

WordPressブログの管理画面より、[プラグイン][プラグインのアップロード]の順でクリックし、Zipファイルをアップロードします。

管理画面からプラグインをクリックする

管理画面からプラグインをクリック

[今すぐインストール]をクリックしてインストールを行います。

プラグインをアップロードし、インストールする

プラグインをアップロードし、インストールする

最後に、[プラグインを有効化]をクリックすれば完了です。

site kitプラグインを有効化する

site kitプラグインを有効化する

Congratulation, the Site Kit plugin is now activated.
(おめでとう、Site Kitプラグインは有効化された。)

というメッセージが表示されれば、インストール完了です。

STEP2. Site Kitとサーチコンソールの連携

はじめにSearch Console(サーチコンソール)から連携していきます。

Site Kitのダッシュボードにある[START SETUP]をクリックし、初期設定を開始しましょう。

SIte KitはGoogleアカウントとの連携によって動作するので、[Sign in with Google]をクリックしてGoogleアカウントでログインしてください。

sitekitをサーチコンソールと連携する

GoogleアカウントのIDとパスワードを入力したら、2回ほど小さなポップアップが表示されます。
どちらも[許可]をクリックすればOKです。

sitekitをサーチコンソールと連携する

「選択内容を確認してください」というメッセージが表示されたら、また[許可]をクリックします。

sitekitをサーチコンソールと連携する

次に、以下3点を許可していきます。

  • Verify site ownership → [Proceed]
  • Allow ドメイン to access Google Account data → [Allow]
  • Set up Search Console → [Add site]

sitekitをサーチコンソールと連携する

最後に、[Go to my Dashboard]をクリックして完了です。

sitekitをサーチコンソールと連携する

STEP3. SitekitとGoogleアナリティクスの連携

Search Console(サーチコンソール)との連携が完了したら、今度はGoogleアナリティクスを連携していきます。

Site KitダッシュボードからAnalitycsの[Connect Sercive]をクリックしましょう。

SitekitとGoogleアナリティクスの連携

Googleアカウントのログインを求められるので、Googlaアナリティクスを設定したGoogleアカウントでログインします。

いくつかポップアップが出てくるので、全て[許可]していこう。

SitekitとGoogleアナリティクスの連携

「選択内容を確認してください」というメッセージ画面では[許可]をクリックします。

SitekitとGoogleアナリティクスの連携

自動的にWordPressブログのSite Kitダッシュボードに戻るので、[CONFIGURE ANALITYCS]をクリックし、次のメッセージが出れば完了です。

Congrats on completing the setup for Analytics!
(アナリティクスのセットアップが完了した、おめでとう)

STEP3. PageSpeed Insightsと連携する

ここまででSearch Console(サーチコンソール)、Googleアナリティクスとの連携が完了しました。

後に、PageSpeed Insightとも連携しましょう。
(1クリックで完了します。)

PageSpeed Insightは、サイトの表示速度をチェックできるGoogleの無料ツール。表示スピードはユーザー体験に関わる大切な要素で、SEOにも間接的に影響するため、チェックが欠かせない要素です。

WordPressブログのSite Kitダッシュボードから、「PageSpeed Insights」の下にある[Connect Service]をクリックしましょう。
すると自動的に連携が完了するので、特に作業は必要ありません。

PageSpeed Insightsと連携する